你的位置:主页 > 明星资料 >

日本家电产业的危机和原因[日语毕业论文]

2020-07-19 | 人围观

  日本家电产业的危机和原因[日语论文]

  日本家電産業の危機とその原因-ハイアールによる三洋電機の買収から

  摘  要

  日本的家电产业在上个世纪七八十年代曾经作为日本国家竞争力的象征,诞生了像索尼、日立、东芝、松下、三洋等知名的世界500强企业。为数众多的家电企业形成了强有力的竞争优势,具备了长期持续经营的能力,使日本成为名符其实的家电大国,日本在家电行业的地位是其他国家很难在短时间内轻易超越的。各国专家学着都致力于研究日本家电产业走上神坛的秘诀,通过企业经营管理之道,技术创新之道和品牌提升等方面的研究分析来发展本国的的家电企业,提升市场竞争力。但是近年来由于国内外环境的不断变化,日本家电行业已逐渐步入衰退,在日本国内,家电企业间竞争愈演愈烈,国际市场上又面临着中国、韩国等新兴家电强国的挑战,日本家电企业的国际竞争力日趋下降。随着三洋与松下的合并,更确切的说是三洋被松下收购,日本家电产业的衰落已经到一个历史阶段。同时中国制造已经成长为全球家电市场格局中的主导性力量。家电产业已经成为中国国家竞争力的象征性产业之一。日本家电的衰落与中国家电制造的崛起反映了全球产业重心转移,此消彼长的关系。

  本课题在于通过海尔并购三洋白电产业的经典案例为中心,直面日本家电产业危机和探讨中日家电产业今后的发展道路。通过比较分析中日两国家电行业发展阶段及现状,试着寻找日本家电企业渐渐没落的原因。究其原因,我们从中国产业国际化的战略成功典范海尔进行总结分析,借此例,为中日家电产业今后的发展提供借鉴和启示。

  关键词:合并;家电企业;海尔集团;三洋电机

  要  旨

  日本の家電メーカーは、1970年代から1980年代まで日本の国家競争力の象徴である。その時、ソニー、日立、東芝、松下、三洋など著名な世界500大手企業を生まれた。他の国の家電企業は、比べものにならない。強い競争力と長期的な経営の能力を持って、日本の家電大国の地位を維持し続けている。各国の専門家は自国の家電メーカーの発展のために、絶えず日本の家電産業の「神様の秘訣」を研究して、企業経営管理の方法、技術革新とブランドの引き上げなどにおけるの研究分析を通じて、市場の競争力を向上しよう。しかし、近年は内外環境激変の下で、日本の家電業界は、衰退段階に陥りつつある。日本国内市場では過当競争が激化され、海外市場では中国や韓国などの新興家電企業に挑戦され、国際競争力の衰退が顕在化してくる。三洋と松下の統合、或いは松下と三洋の買収により、日本家電部門が、相次ぐ倒産の歴史段階に入っている。その上、中国の製造は急激に成長して、次第に世界家電市場の中で支配力を持っている。家電産業はすでに中国国家競争力の象徴的な産業の一つである。つまり、日本家電の没落と中国家電の台頭にみると、グローバル家電産業の中心の転移を反映しておる。

标签:
Top